無料動画探しチャオ

無料で視聴できる動画を紹介しています。
とれまが ブログランキング ブログランキング FC2Blog Ranking ブログの殿堂
無料動画探しチャオ TOP  >  ダウントン・アビー >  ダウントン・アビー シーズン1

ダウントン・アビー シーズン1

ダウントン・アビー シーズン1
                  

あらすじ(wikipediaより)

イギリスのイングランド南東部にあるカントリー・ハウス「ダウントン・アビー」。
その持ち主のロバート・クローリーは、グランサム伯爵でありクローリー家の当主である。
1912年春、タイタニック号沈没事故によって、長女メアリーの婚約者である甥と、その父であるいとこを喪ってしまう。
いとこと甥の死は、同時に、ロバートが第一の相続人とその一人息子を亡くしたことを意味した。
当時の法律では、男系男子一人だけに家督を相続させる「限嗣相続制」が定められていたため、
自身の子供は長女メアリー、次女イーディス、三女シビルの女子のみで男子に恵まれなかったロバートは、
子に家督を相続させることができずにいた。
そこで、ロバートとその妻コーラ、ロバートの母であるバイオレットは、
長女のメアリーを将来の相続人でもある甥に嫁がせることで、領地と財産、爵位の防衛を図ったのである。
事故によってロバートらの当初の目論見ははずれ、相続権は次位の相続人にわたることとなる。
新たに相続人となったのは、中流階級出身で遠縁の青年弁護士、マシュー・クローリーである。
突然の報を受けて、母親のイザベルとともにダウントン村へ渋々移住したマシューは、
初めのうちこそ貴族のしきたりに反発を覚え、これまでの生活を変えず、家督の相続も回避しようと策動していた。
しかし、マシューは当主としての職務を全うしようと努めるロバートの人柄に触れ、
領地管理の仕事に携わる中で考えをあらため、また、気位の高いメアリーとも惹かれあって行く。
クローリー家の人々が相続を巡って慌ただしく動いていた頃、
ダウントン・アビーの使用人たちの間にも新たな動きが生じていた。
ボーア戦争のときにロバートの従卒を務めた元軍人のベイツが使用人として雇用され、
従者に任じられたことがその引き金となる。
ベイツが執事のカーソンやメイド長のアンナと信頼を育み、第一下僕のトーマスや侍女のオブライエンと反目する中で、
時代の流れは容赦なく人々を巻き込んで行く。

第1話 嵐の予感
第2話 招かれざる客
第3話 欲望の代償
第4話 移りゆく心
第5話 嫉妬の炎
第6話 通い合う想い
第7話 運命のいたずら
関連記事
ブログランキング ブログランキング とれまが ブログの殿堂 ←1日1回投票お願いしますm(_ _)m
[ 2014/09/05 02:10 ] ダウントン・アビー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
検索フォーム
ます初めにお読みください
海外ドラマ(あ行~さ行)
あ行 か行 さ行
海外ドラマ(た行~な行)
た行 な行
海外ドラマ(は行~わ行)
は行 ま行 や行 ら行 わ行


ブログパーツ